意外と知られていないアクセサリーの素材。「見た目は似てるのに何が違うの??」といった声にお答えします。

ここでは、価格の安い順番にご紹介。是非、あたなにピッタリの素材を調べてみてください。

 

 

【真鍮】1番身近な、アクセサリー素材。ハイブランドの"アクセサリー"などでも使用

真鍮(しんちゅう)は金のような美しい輝きを持つ金属です。銅と亜鉛の合金「黄銅」の別名です。英語ではbrass(ブラス)。金管楽器のことを「ブラス」とゆうのにも由来しています。亜鉛の配合率によって色が変化するので同じ真鍮と言ってもモノによって色合いは微妙に違います。

色は"金"と"銀"が主流。また「古美」とゆうアンティークのメッキが施されたカラーも人気です。

銅と亜鉛は金属アレルギーの方にはあまり向いていません。

 

【SILVER925】カジュアルなアクセサリーで最も人気の素材。独特の味わいが出ます

シルバー925とは、一般的に「シルバー」と呼ばれるアクセサリーで使われている素材のことです。
この925という数字は銀の含有率(純度)のことで、92.5%のシルバーが含まれていることを表します。

空気に触れると酸化が生じ黒ずんでくるのでこまめにお手入れが必要です。(最近では"ロジウムメッキ"が施された変色しない仕様になっている物も人気です)

 

【K14ゴールドフィルド】アメリカなど海外のアクセサリーでは主流

ゴールドフィルドとは、銀や銅またはほかの素材に金を張り付けた素材のことです。 色は"金"色のみです。
基準で1/20以上が表記されている金で覆われているものをゴールドフィルド(金張り)といいます。(覆われている金が1/20未満重量の物はゴールドフィルドとは呼んではいけません。)

金メッキよりはるかに厚い層で作られているため、長時間使用しても剥げてくることはほとんどありません。

 

【K10,K14】ハイジュエリーの入り口に!

K10(10金)素材の成分の42%が金、残り58%が銀や銅などを混ぜて作られています。

K14(14金)は、アメリカでは主流のゴールド(日本では昔からK18が一般的)で、58%が金、残り42%が銀や胴などが混ざっています。K18に比べるとやや金色がライトなので、若者のハイジュエリーとして人気です。

「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」の3色が基本カラーです。

 

【K18】日本で1番主流のハイジュエリー素材

K18(18金)素材の成分の75%が金、残り25%が銀や銅などを混ぜて作られています。

昔から日本のハイジュエリー(貴金属、宝石)では最も主流で高価な素材です。K10,K14より金色が濃く、ダイヤモンド、サファイヤ、ルビーなどの高貴な石と相性が良く合います。

「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」の3色が基本カラーです。